ブログトップ

とうふのかど

adimai.exblog.jp

新聞広告。

新聞の中で、本の紹介広告が気になります。
広告は、面白いか、良いのか?なんかは二の次で、
売りたいかで、紙面を使ってると思ってるのですが、
よく、釣られます。

本の広告は、案外間違いがないです。
売れてるから広告できるというような感じもするのですが、
売れてるってことは、多くの人が何かしらの興味を持ったってこと。
興味を持たれるってことは、なんか魅力があるのでしょう。

で、今日の夕刊の1面下段の「沈黙の町で」@奥田英朗。

奥田英朗は、結構好きな作家です。

「いじめられていた少年の不審死。誰も本当のことを語れない理由とは?」ですと。
なんか、滋賀県を想像します。

自分も息子達がいるので「いじめ」は、常に意識してます。

読んでみようかな。

(第43回吉川英治文学賞受賞を受賞した、「オリンピックの身代金」、文庫本での上下巻、
 上巻のみで止まってます・・・。)




あ、朝日新聞なんです・・・・・から?

沈黙の町で : 奥田英朗

朝日新聞出版



建築に興味のある方はこちらもどうぞ
[PR]
by ad-imai | 2013-02-27 23:37 |
<< アベノミクス。 ねらわれた学園。 >>